コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > コンタクトお役立ち情報 > コンタクトの基礎知識 > 乱視とコンタクトレンズの関係性

乱視とコンタクトレンズの関係性

乱視について知ろう

乱視には正乱視と不正乱視があります。

不正乱視とは眼球の一番前面にあるきれいな球面であるはずの角膜というレンズが、事故や病気で凸凹になったことで焦点を結べなくなった屈折状態をいいます。焦点を結べないから見たものが歪んで見えたり、ぼけて見える状態です。

これに対して正乱視は角膜を縦横2つの主経線に分けたとき、縦と横の経線の屈折力が異なることで焦点の位置が別々にできてしまう状態をいいます。この別々にできる焦点は焦線と言います。正乱視は焦線が2つできているのです。

一般に乱視というとこの正乱視のことを指しています。

ではどうしたら正乱視だと気がつくか?とっても簡単な乱視の見きわめかたです。白い紙の上にボールペンで十字を書いてみましょう。十字は縦横同じ太さで同じ長さにしましょう。これを目の前35cmに置いて見てください。十字の縦と横の線は同じ濃さに見えていますか?

もし縦と横で濃さい違いがあれば乱視です。もし縦線が濃いのであれば紙を90°回してみましょう。また縦線が濃くなりましたか。濃い線の方向をききましたが濃いのが普通なのです。薄いほうの横線の方向に乱視の軸度があるのです。この場合の乱視の方向は180°ですね。

乱視の矯正ってどうするの?

正乱視の矯正は縦の主経線と横の主経線の焦線の結ぶ位置を同じ位置にすることです。別々の焦線を一つにすることで、二つあった焦線がひとつの焦点になります。これで乱視がなくなりました。

正乱視なら乱視用使い捨てコンタクトでもハードコンタクトでもOK

正乱視は乱視用使い捨てコンタトで矯正できます。乱視用使い捨てコンタトは乱視度数Cylと乱視の軸度Axisがあり、これによって二つの焦線を一つの焦点にするのです。

またハードコンタクトでも正乱視の矯正ができます。ハードコンタクトは硬い球面なので角膜の2つの主経線の間に涙液が入り、表面はハードコンタクトのきれいな球面のカーブになります。これで縦横二つの主経線は球面になり乱視はなくなります。

不正乱視であればハードコンタクトで矯正します。

角膜の表面がの凸凹で乱視がでてしまう不正乱視を矯正できるのはハードコンタクトになります。ハードコンタクトは硬い球面なので角膜にどんな凸凹があろうとも角膜の上に乗せることでハードレンズと凸凹の間に涙液が入り、表面にはきれいなハードレンズの球面のカーブができます。

これで完全に乱視はなくなり矯正ができます。

ほとんどの人が近視と乱視の両方をもっています。

よく自分は近視だとか乱視だとかいいますが、ほとんどの人が近視と乱視の両方を持っています。乱視だけとか近視だけという人は珍しいのです。気がつかないだけであってほとんどが近視性の乱視です。

近視性乱視の場合の矯正は乱視の矯正は先に記載した通りで二つの焦線を一つにして乱視を矯正したあと凹レンズで一つの焦点を網膜上に合わせます。これで完全に矯正ができました。

自分に合うコンタクトレンズの選び方

コンタクトレンズには大きく分けて使い捨てコンタクト(ソフトレンズ)とハードコンタクトがあります。はじめに使い捨てコンタクトにするかハードコンタクトにするか決めましょう。

使い捨てコンタクトの長所はやわらかくて大きいので安定感がよく誰でもすぐに慣れて使えるようになることです。

スポーツなどで目を動かしても安定していて黒目前面を覆っているので落ちたりずれたりしないから安心です。

またワンデーや2ウィークなどであれば1箱に30枚あるいは6枚入っているので紛失したり破損してもスペアーがあるから安心です。

またカラーコンタクトは全て使い捨てコンタクトになります。

短所はお手入れが面倒なことですね。また見え方の鮮明さではハードコンタクトにはかないません。

通販でコンタクトレンズを購入しよう

コンタクトレンズは眼科やコンタクトレンズ専門店やメガネ屋さんなどいろいろなところで販売されていますね。一番のおすすめはコンタクトレンズ通販です。眼科やコンタクト専門店の場合は購入するたびに眼科や専門店の隣にある眼科で検査を受けなければなりません。調子が良くて前回と同じものを希望しても検査を受けないと販売してくれません。調子が悪ければ当然検査を受けるのですが毎回、検査を受けさせられるのは時間的にも経済的にもかなりの負担になります。メガネ店での購入は扱っているコンタクの種類が少なくて専門的でなくてちょっと心配。コンタクトレンズ通販なら価格が安くえ処方箋なしでも大丈夫のところが多くあります。もちろん調子が悪ければ眼科に検査を受けに行きましょう。

通販で購入する時は国内から発送の通販ショップを選びましょう。コンタクトレンズの通販ショップの中には海外からの発送のところもあります。こちらは発送元が海外なのでお届までの納期が1週間から2週間くらいかかります。また海外からの個人輸入商品については保証がないので気をつけましょう。

海外からの発送かどうかは、そのショップの会社概要や特定商取引に関する法律に基づく表示で確認してください。ここに記載されている会社の住所や発送元が海外であったら海外発送のショップです。

やはり国内の通販ショップは何かあれば電話で連絡できるから安心です。国内からであれば納期も早く、即日発送のところもあり2日~3日でコンタクトの受け取りが可能です。コンタクトレンズの購入には国内の通販ショップを利用しましょう。

この記事をお読みの方におすすめの商品一覧

乱視用使い捨てコンタクト