コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > コンタクトお役立ち情報 > コンタクトの通販 > コンタクトレンズの即日発送

コンタクトレンズの即日発送

コンタクトレンズ 即日発送

コンタクトレンズ愛用者にとってコンタクトレンズはなくてはならない生活必需品です。

コンタクトレンズを愛用しているその理由は人それぞれです。「メガネが嫌いだから」と言う人、「仕事柄、メガネはNG」と言う人、「目は悪くないけどおしゃれでカラコンをしている人」、「コンタクトレンズじゃなければ視力が出ない」と言う人等々。

生活必需品なら絶対に切らしてはいけないはずなのに、何故だか注文はいつもギリギリになってしまうという人が多いようですね。中には「もう手元に残りがない」と切実に訴えかけてくる人もいる位です。

勿論、注文したら早く届くに越したことはありません。

ここでは、コンタクトレンズの即日発送に関して念頭に入れておきたい点や注意してほしい点などをまとめてお伝えしていきます。

即日発送しても当日お届けはできません。

時々、「即日発送は、その日に到着する」、と勘違いをしている人がいるようです。即日発送はその日の内に発送するということですから、お届先によって異なりますが、東京発を例えて言うなら、本州は翌日にお届けとなりますが、九州・沖縄・北海道・離島(一部除く)は翌々日のお届けとなるのが一般的です。

利用したコンタクト通販サイトの所在地とお届先の位置関係によってお届け日に違いが出てくるので注意しましょう。

お届けに関して言えば、中には関東当日便(11時までの注文で当日の18時以降のお届け可能)や九州や北海道に翌日お届け可能な超速便と言う配送方法もあります。但し追加料金が掛るかと思いますので、ご希望の場合は事前に利用するサイトに確認することをおススメ致します。

即日発送できる条件

即日発送と表記されていても、必ずしもすべてがそうではありません。即日発送するためにはその条件が満たされていなければ、発送は後日になってしまいます。

注文したレンズが利用したサイトの在庫レンズであること

どのコンタクト通販サイトも同様ですが、取扱レンズの全商品の全データを潤沢に在庫しているわけではありません。特注データのコンタクトレンズはまず在庫を保有している店舗はありませんし、ハードコンタクトや長期装用型のソフトコンタクト等も同様です。乱視用コンタクトや遠近両用コンタクトになると販売店によっては在庫を保有している店舗もありますので、予め在庫の確認をしておくと安心ですね。

利用するサイトの営業時間内であるということ

注文をしても、利用するサイトが定休日に該当していたならば、当たり前のことながら即日発送とはなりませんし、営業時間終了後も同様です。定休日や営業時間は予め確認しておきましょう。

配送業者の最終出荷時間までに注文をすること

コンタクト通販サイトですから、それぞれに配送を依頼している配送業者さんがいます。配送業者さんも24時間体制で集荷し、発送しているわけではありませんから、その日の最終集荷で引き渡しができなければ、その日の発送はできなくなります。仮に18時がその通販サイトが利用している配送業者の最終集荷時刻であるとするなら、発送の準備も含め、遅くともその15分前までには注文を入れておかないと、即日発送は厳しいかもしれませんね。

本来であれば即日発送できるのにできないケース

通常であれば即日発送できるはずなのに、できないケースと言うのはあります。

コンタクト通販の注文内容を見て見ると、以外に多いのが「注文の不備」なのです。不備があれば仮に在庫があったとしても発送することはできません。ここではどのような注文の不備は多いのかを紹介していきます。

注文データの不備

注文をしたコンタクトレンズのデータに不備がある場合です。一例をあげるとカラコンのカラーの入力がない場合。カラコンに関して言えば、片方にブラウンのカラーが入力してあったとしても、もう一方のカラーもブラウンであるとは限らないのです。現に左右で異なるカラーを選択される人もそれなりにいるのです。そうなるとご本人に確認を取るしか方法はありません。またBCが2種類あるのに選択されていない場合、以前の購入履歴があればいいのですが、ない場合は判断できません。度数の入力に関しても同様です。

お届け先住所の不備

コンタクトレンズのデータ入力も問題なく、在庫があっても発送できないケースがあります。それはお届け住所の不備です。番地等の入力が漏れていれば、発送はできません。お届先の情報入力にはくれぐれも注意が必要です。

お支払方法の不備

代金引換やクレジット決済などは問題ありませんが、最近増加傾向にある「コンビニ決済:NP後払い」と言うお支払方法の場合、簡単な与信審査と言うものがあり、その審査をパスしないとレンズを発送することができません。その審査の開始に当たってはまず、基本情報の入力がしっかりとなされていないと審査がスタートされません。例えばその一例が「住所の不備」、「氏名の不備:苗字だけで名前の入力がない場合」、「電話番号の不備」などです。その審査がパスできない場合、コンビニ決済はNGとなりますので発送ができないのです。発送するためにはお支払方法の変更をして頂くしか方法がありません。

予期せぬ自然災害

ここ数年、予期せぬ自然災害や台風の影響による強風、大雨などが目立つようになってきました。稀ではありますが、悪天候の程度が悪い場合、配送業者の方で「荷受停止」となることがあります。そうなると通販サイトの方で発送の準備が整っても、荷物を引き取ってもらえないのです。念のためにこの点にも注意が必要ですね。

メーカー欠品

そうそうあることではないのですが、データによってメーカーの方に欠品が生じる場合があります。そうなると通販サイトの方では如何ともしがたく、メーカーに入荷するまで待つしか方法はないのです。

即日発送するためにお願いしたいこと

ご注文の商品を、即日発送し、少しでも早くお客様の元にお届けするために注意して頂きたい点と妨げになる点を挙げました。そして仮に即日発送ができない場合でも、少しでも早くお客様のお手元にレンズをお届けするために、お願いしたい点は以下の通りです。

上記で様々なご注文時の不備を列挙しましたが、それならば「お客様に連絡し、確認を取ればいいのでは?」と思われると思います。

ところが連絡がなかなか取れないケースが多いのです。

ご登録の電話番号は連絡の付きやすい番号を登録する

ご注文に不備があった場合、お客様に確認する方法は2つあります。それは電話とメールですが、やはり手っ取り早いのはお電話での連絡なのです。多くのお客様が携帯電話でのご登録が多いのですが、中にはご自宅の固定電話を登録される方もいらっしゃいます。ところが日中不在にしていたり、お仕事中でお電話に出られないケースもよくあります。しかしながら、前述したようにレンズデータやお届先に不備があったり、お支払方法に不備があるとそれらが確認できなければ発送ができません。また即日発送にもメーカーにレンズを発注するにもタイムリミットがあります。ですから登録する際のお電話番号は可能な限り連絡の付きやすい番号の登録をお願い致します。

メールの受信設定について

コンタクトレンズの注文が入ると、お客様の登録したアドレスに「ご注文確認メール」自動送信されます。

また上記のようなご入力内容の不備に対する確認も登録したアドレスにメールを送信して確認を致します。ところがそのメールも自宅に戻らなければ確認できないアドレスとなるとなかなかスピーディーな確認ができないわけです。またスマホや携帯の受信設定の仕方によってはそのメールが届かないわけです。メールアドレスも電話番号と同様、できるだけタイムリーに見ることができるアドレスで登録を頂くことをおススメいたします。

コンタクトレンズ即日発送のまとめ

即日発送するための条件、注意点をまとめてきましたが、中には他のお客様の注文分とデータが重なってしまい、即日発送できないケースもあります。4箱のご注文を3箱に変更したり、カラコンのカラーを変更したりすることによって即日発送ができるようになるケースもあります。

それらの偶発的な事も考えると、やっぱり一番いいのは、十分な余裕をもって注文するのが何よりですね。そうすれば利用サイトで在庫切れがあっても慌てることはないのですから。

この記事をお読みの方におすすめの商品一覧

コンタクト通販の商品一覧

ワンデーコンタクト(1日使い捨てコンタクト)

同ジャンル・関連ページ

コンタクトレンズを通販で購入