コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > コンタクトお役立ち情報 > コンタクトの種類 > ハードコンタクトについて

ハードコンタクトについて

ハードコンタクトの長所と短所

ハードコンタクトの長所は見たものが鮮明にはっきりと見えること。さらに乱視があっても完全に矯正してくれます。汚れがこびりつかないからお手入れがソフトコンタクトに比べれば簡単なこと。寿命が長く上手に使えば1年から2年間くらい使えることです。またハードレンズは硬いので目に傷があると痛くて使えないので異常がすぐわかります。だからハードレンズで重篤な眼疾患になることが少ないのです。

短所は異物感が強く慣れるのに3週間くらいかかることです。また異物感が強いためハードが慣れられない方もかなりの割合でいます。また目の中で動くように設計、処方されるので激しい目の動きをするとずれたり落ちたりすることがあります。慣れない間の1ヶ月間くらいは落とさないように注意が必要です。また目を激しく動かすスポーツをするとずれたり落ちたりすることもあります。

なぜハードコンタクトは魅力があるの

ハードコンタクトの初めの慣れるまでの大変な時期を乗り越えてして慣れた人の多くはハードコンタクトのものすごいファンになることが多いのです。どんなに性能の優れた使い捨てコンタクトやソフトコンタクトが登場してもハードコンタクトにかなわないのです。

見え方の鮮明さ!乱視矯正の完璧さ!手入れの簡単さ!寿命の長さ!汚れにくさ!これらの優れた要素があるからハードコンタクトが上手に使える人は永遠にハードコンタクトを使い続けているのです。

人によってハードコンタクトに向き不向きがあります

『どうすればハードコンタクトが使えるかどうかわかるの?』と聞かれます。一番いい方法は実際に眼科に行って検査をしたうえでハードコンタクトを入れてもらうことです。

眼科には必ずトライアルレンズというテスト用のレンズがあります。これを装用してもらって5分が10分くらい膝元に視線を落として慣らしてみます。

この時、徐々に異物感が薄れて楽になっていくようならハードレンズが使える人です。逆に時間の経過とともに異物感が強くなって耐え難い痛みを感じるような人は頑張ってもハードコンタクトは慣れないでしょう。

過去の経験からすると3割から4割の方はハードに慣れないようです。慣れてもゴロゴロ感が気になったりして満足度は低いようです。テストで入れてもらったハードレンズの異物感が強くつらく感じるようならハードはあきらめて使い捨てコンタクトにしましょう。

使い捨てコンタクトなら目が敏感な方でもすぐ慣れて快適に使えるようになります。

ハードコンタクトの遠近両用とは

ハードコンタクトにも老眼向けに遠近両用のハードが登場しました。遠近両用ですから遠くから近くまで見ることができます。ただ、使い捨てコンタクトと違ってハードコンタクトは小さくて遠用部と近用部の範囲が狭いので、ほんの少しの目の動かしかたで見え方が大きく変化します。だから初めてハードコンタクトを使う人には不向きです。遠近両用のハードは今までハードコンタクトを使ってきた人が老眼になったので試してみるのならいいと思います。

ハードコンタクトを通販で購入するには

ハードコンタクトも通販で購入するのは簡単です。必要なデーターは商品名とBC(ベースカーブ)とPWR(度数)と DIA(直径)です。これらは眼科でもらった処方箋かコンタクトレンズの容器に記載されているはずですから間違えないように注文しましょう。時々、使い捨てコンタクトのデーターそのままでハードコンタクトを注文してくる人がいますが使い捨てコンタクトのデーターではハードコンタクトを注文することはできません。

通販でハードコンタクトを注文した場合の納期は通常の規格で2日~4日くらいです。規格が特別なものはメーカーで製作してからの納品ですので1週間くらいかかるものもあります。

この記事をお読みの方におすすめの商品一覧

ハードコンタクト