コンタクト通販 LensBomber
トップページ > Q&Aコンタクトレンズ通販でよくいただくご質問 > コンタクトレンズのデーター > 遠近両用のコンタクトのデーターについて

遠近両用のコンタクトのデーターについて

遠近両用のコンタクトレンズは通常のコンタクトと比べると遠近両用ならではの数値データーがあります。商品自体の呼び方も遠近両用コンタクトであったりバイフォーカル(BIFOCAL)、マルチフォーカル(MULTIFOCAL)などという商品名がついてたりしますね。通常のコンタクトと比べると数値の中にADDという記号があるかと思います。これは加入度数(アディションとも呼びます)と呼ばれる遠近両用コンタクトならではの独特の数値データーが入っています。通常のコンタクトは遠くを見るのにぴったりの度数をだします。それがコンタクトレンズのデーターのPWRです。ADDはその遠くを見る度数のPWRにADDの度数を加えた時、近くにピントが合う度数のことです。よく老眼の方が虫眼鏡でみると近くが見やすくなるといいますが、近くを見やすくするためには虫眼鏡と同じように凸レンズが必要です。レンズとして凸レンズは+(プラス)記号であらわすのでADDは+の表記なのです。きっとADDはこんな感じで書かれています。ADD+2.00のようになっていると思います。これは近くを見やすくするのに+2.00の度数のレンズを加えたということです。