コンタクト通販 LensBomber
トップページ > Q&Aコンタクトレンズ通販でよくいただくご質問 > コンタクトレンズのデーター > 乱視用のコンタクト(トーリック)のデーターについて

乱視用のコンタクト(トーリック)のデーターについて

乱視用のコンタクトレンズは通常のコンタクトと比べると乱視ならではの独特の数値データーが入っています。CYLやAXISは乱視ならではの数値です。乱視用のコンタクトもメーカーによってはトーリック(TORIC)という呼び方をしています。CYL(シリンダー)は乱視の度数です。AXIS(アックス)は乱視の軸度といって乱視レンズを入れる方向のことです。通常はこのAXIS軸度は180°や90°が多いのですが人によっては170°や10°や80°や100°の人もいます。コンタクトレンズ通販で注文するときはこのCYLやAXISは間違えないように注意しましょう。