コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > Q&Aコンタクトレンズ通販でよくいただくご質問 > 処方箋について > カラーコンタクトの処方を眼科でしてもらう時の留意点

カラーコンタクトの処方を眼科でしてもらう時の留意点

カラーコンタクトを行かれた眼科で購入するのであれば、そこの眼科で扱っているカラーレンズを見せてもらったり、そのカラーレンズのトライアル(テストレンズ)を目に入れて検査してもらえるので問題はありません。

しかし、その眼科で処方だけしてもらって他のショップや通販で購入しようとすると問題が出てきます。

それはカラーコンタクトは種類が多すぎてそこの眼科で扱っていない商品であったり、トライアルレンズが用意されていないということです。

今、あまりに多くのカラーコンタクトが販売されているから眼科でそれらを全て検査用に用意することなどできないのです。

カラーコンタクトの処方箋だけ発行してくれる眼科でも、聞いたこともないカラーコンタクトの商品名をいわれてもどう処方していいかわからないのです。眼科の先生や検査スタッフにしてもトライアルもないのに処方することはできないからです。
ただ、カラーであろうと通常のクリアーレンズであろうとBC(ベースカーブ)、PWR(度数)、DIA(直径)が決められればそれほど問題はありません。処方とカラーの色やデザインは関係ありません。

なので眼科に行かれたらそこで扱っているカラーコンタクトの処方でお願いするのがいいと思います。聞いたこともないカラーコンタクトの名前を出すと『責任が持てないから処方しない』と言われるかもしれませんよね。逆の立場だったら、先生や検査スタッフの気持ちもよくわかります。

商品名やカラーなど細かく伝えたいところですが、もしそこの眼科で扱っていないようなら、そちらで扱っているカラーコンタクトで処方をしてもらいましょう。
通常眼科で扱っているカラーコンタクトはジョンソンエンドジョンソンのワンデーアキュビューディファインモイスト、シードのアイコフレワンデー、アルコンのフレッシュルックデイリーズとイルミネートです。とりあえず、これらのレンズで処方してもらってデーターがわかれば他のカラーコンタクトにしてもそろほど装用感や見え方に違いはありません。
一番のおすすめはシードのアイコフレワンデーで処方してもらうことかもしれません。なぜならアイコフレワンデーはBCが8.7でDIAが14.0mmでこれに近いカラーコンタクトが多いからです。アイレのネオサイトワンデーリングUVやネオサイトワンデーシエルなどと一緒です。エバーカラーワンデーやエンジェルカラーワンデーはDIA14.2mmでいくらか違いますがかなりレンズの性質的に近いレンズです。