コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > ご利用方法 > 使い捨てコンタクトの使い方(つけ方・はずし方)とケア方法

使い捨てコンタクトの使い方(つけ方・はずし方)とケア方法

使い捨てコンタクトのつけ方・はずし方

コンタクトレンズを取り扱う前に

使い捨てコンタクトはソフトコンタクトなので使い捨てでもソフトコンタクトでもつけ方やはずし方は全く同じです。
使い捨てコンタクトやソフトコンタクトを扱う前には必ず爪を短く切ってください。
また手や指は石鹸でよく洗い、清潔にしておきましょう。wear-nail

オモテとウラの見分け方

wear-finger使い捨てコンタクト・ソフトコンタクトのオモテ・ウラの見分け方
使い捨てコンタクトやソフトコンタクトをつける前には、裏返しになっていないか確かめます。コンタクトレンズは柔らかいため、時には裏返しになっていることがあります。裏返しのまま装用しますと異物感を感じたり、はずれたりします。
正常な状態だとレンズはお椀のような形です。裏返るとレンズの縁が反り返ります。

*裏返しに入れるとレンズの動きが大きくなりいくらか異物感が増えたり、ずれたりしやすくなります。見え方もいくらか変わった気がする程度です。裏返しに入れても目を傷つけたりすることはありませんが、外れたりすることもありますから間違えないようにしましょう。もし入れて異物感や見え方が気になったら裏表を確認してみてください。

つけかた

使い捨てコンタクトのつけかた

  1.  コンタクトレンズをつけるときは、利き手の人差し指の先にコンタクトレンズの凹面を上にしてコンタクトレンズをのせます。この時、指が濡れているとレンズが指に張り付いてしまい、目に入れにくくなりますので指は乾かしておきましょう。
  2. レンズを入れる目の下まぶたを中指で下に引き下げ、反対の手の人差し指で上まぶたを持ち上げます。目をコンタクトレンズより大きく開けます。
  3.  コンタクトレンズを静かに黒目にのせ、人差し指を目からはなします。上まぶたと下まぶたをの指をゆっくり話します。急に離すと、まぶたが戻る勢いでレンズが目から飛び出ることがありますので、ゆっくり離します。
  4. しばらくの間、目を軽く閉じているとコンタクトレンズが黒目の上で安定します。
    目を開けて、軽くまばたきをしてコンタクトレンズが黒目の上に正しくのっていることを確認します。

はずしかた

使い捨てコンタクトのはずしかた

  1. 鏡を見て、コンタクトレンズの位置を確かめます。
  2. きき手の中指で下まぶたをさげます。反対の手の人差し指で上まぶたを引き上げます。
  3. 黒目が、上方に向くようにします。その後、人差し指でレンズを下に引き下げます。
  4. 利き手の親指と人差し指を使って、コンタクトレンズの下端を軽くつまんではずします。

使い捨てコンタクトの洗浄・消毒・保存などケア方法

使い捨てコンタクトのケア用法はケア用品によってそれぞれ異なります。ここでは一番一般的なマルチパーパスソリューションでのケアの方法を説明します。

マルチパーパスソリューションによるケア方法

マルチパーパスソリューションとは一つの液体で洗浄・消毒・保存ができる便利なケア用品です。商品名ではボシュロムのレニューやアルコンのオプティフリープラスやAMOのコンプリートやオフテクスのバイオクレンワン ウルトラモイストなどがあります。マルチパーパスソリューション

マルチパーパスソリューションでのケアの手順

使い捨てコンタクトのケアの手順

  1. 先にレンズケースにマルチパーパスソリューションを満たしておきます。手と指を石鹸でよく洗います。 (レンズを取り扱う手や指が汚れていると、レンズに汚れが付着し、そのレンズをつけると眼の障害につながることがあります)。装着していた使い捨てコンタクトをはずします。
  2. はずした使い捨てコンタクトを手のひらにのせ、マルチパーパスソリューションを3~5滴落として片面を人差し指で約10秒間ていねいにこすり洗いします。裏面も同じようにマルチパーパスソリューションを3~5滴落として約10秒間こすり洗いします。
    (レンズをこするときは手のひらと人差し指の腹で前後方向へこすります。円を描くようなこすり方は、レンズの破損の原因になりますので注意してください。)
  3. レンズの両面をマルチパーパスソリューションですすぎ、表面の残留物を充分に取り除きます。
  4. レンズケースにレンズを入れ、キャップをしっかりしめて4時間以上放置します。(この間に消毒が完了します)消毒完了後、このまま保存できます。消毒後、レンズケースから取り出したレンズはそのまま装用できます。消毒後のレンズはそのまま装用することができますが、マルチパーパスソリューションでレンズを装用直前にすすぐことで、より清潔にお使いいただけます。

※レンズを取り出した後のレンズケースは空にして、水道の流水で容器内をよくこすり洗いしてからすすぎ、自然乾燥させてください。
マルチパーパスソリューション用のレンズケースは汚れやすく、汚れが蓄積するとこれが雑菌の繁殖につながることもありますので月に1回は新しいレンズケースに交換することをお勧めします。

使い捨てコンタクトの装用のスケジュール

装用スケジュール

使い捨てコンタクトを初めて使い時には上記のスケジュールに基づいて使用時間を徐々に増やしていくことが大切です。人間の黒目である角膜はたくさんの酸素が必要ですが、急に装用時間を延ばすと角膜がびっくりして酸素不足をおこし角膜を傷つけてしまうことがあります。これも徐々に装用時間を延ばすと酸素が少ない状態に慣れトラブルを起こしません。急に高い山に登ると高山病になるのと同じです。徐々に慣らすことが大切です。
また、慣れた後も、しばらくコンタクトレンズを使っていないと角膜が元に戻ってしまいますので、しばらく使わない日がつづいたなら初めに戻って少ない時間から徐々に使用時間を延ばすようにしましょう。
最近の使い捨てコンタクトはレンズの性能がよくなって長時間装用ができるようになってきていますが、コンタクトレンズを装用したまま眠ることはできません。夜寝る前には必ずコンタクトレンズを外してください。
寝ている間は角膜に必要が酸素が涙液を介して酸素が取り込めないので酸素不足の状態なのです。