コンタクト通販 LensBomber
HOME > ご利用方法 > ハードコンタクトの使い方 > スポイトによるハードコンタクトのはずしかた

スポイトによるハードコンタクトのはずしかた

スポイトでのハードコンタクトのはずしかた

スポイトの使い方と注意点

ハードコンタクトをはずす時は通常は上まぶたと下まぶたで挟んではずしますので直接レンズに触れることはありません。ただし、うまくはずれなかったり白目へずれて外れないことがあります。どーしてもうまくはずれないときに使うのがスポイトです。ハードコンタクトのメーカーやコンタクトレンズのショップや眼科の先生によってはこれを使いことを勧めないところもあります。
コンタクトレンズのメーカーではメニコンやニチコンではスポイトの使用を勧めているようです。

ただ使い方によっては逆に目を傷つけてしまうこともあるので使い方をよく理解して正しく使いましょう。

スポイトの種類

スポイトにはニチコン専用スポイト、メニコンSPスポイトがあります。

上記の写真のようにニチコンとメニコンのスポイトがありますが、どのメーカーのハードコンタクトにも使用可能です。特にニチコンやメニコンのハードコンタクト専用ということではありません。シードや東レ、HOYAやアイミーなどすべてのハードコンタクトレンズに使用できます。

スポイトの使い方

① 鏡でハードコンタクトの位置をよく確かめます。クトレンズを目からはずし、レンズを水道水でよくすすぎ、利き手と反対の手のひらの上にレンズの内側を上にして乗せ、洗浄液を4~5滴落とします。
② スポイトを軽くつまみハードレンズの上に置くとハードレンズがスポイトにくっつきます。
③ スポイトを軽くつまむとレンズがスポイトから外れます。さみ、レンズの内側を親指の腹で泡立てるようにやさしく約30回ほどこすります。

眼瞼下垂とハードコンタクトの外し方

ハードコンタクトの一般的な外し方はまぶたの目尻の部分を指で押さえ横へ強く引っ張ることで上下のまぶたにはさんで取る方法です。でもこれが眼瞼下垂の原因になるという先生もいます。瞼を強く引っ張るために瞼の皮膚が伸びてしまい弾力を失って上まぶたが下がってしまうからです。スポイトで外せばまぶたを引っ張る必要はありません。上まぶたが下がってきたのが気になる方はスポイトでハードレンズをはずすことを考えてもいいかもしれませんね。

スポイトを使うことの注意点

スポイトを使うととっても簡単ですよね。ただし注意点があります。

★スポイトは常によく洗浄して清潔にしておきましょう。

★レンズが入っていないのに黒目へスポイトを押し当てないでください。
ハードコンタクトが入っていると勘違いしてやってしまう意外と多い事故です。

なのでスポイトの使用はどうしてもハードコンタクトがうまくはずせないい人や
目が疲れてしまってまぶたに力が入らなくて、どうしてもハードコンタクトが外れないときなど特別な時だけの使用にしましょう。

却ってスポイトを使うことによって目を傷つけてしまっては本末転倒ですから。