コンタクト通販 LensBomber
トップページ > 眼科でするコンタクトレンズの検査

眼科でするコンタクトレンズの検査

コンタクトレンズを購入するとき一番初めは眼科に行かれたと思います。このときコンタクトレンズの処方箋を出すためにいろいろな検査をされたと思うのですが後になってみるとあの検査は何だったんだろうと思い返すことがありますよね。
例えば暗い診察室の中で「この機械にに顎をのせて画面の中の飛行機を見ていてください」といわれ、ぼやけたりはっきりしたりを繰り返す飛行機をを見ていたら急に強い風が目に当たってびっくりしたことがある人もいると思います。視力検査で緑と赤の中の十字を見て、どちらがはっきり見えるか聞かれえてるうちに終了した検査など、『あれは何だったんだろう?』と疑問に感じていることがきっとあると思います。
ここではコンタクトレンズを作るにあたって一般的に眼科やコンタクトレンズ診療所でされている検査をわかりやすく説明します。

コンタクトレンズを眼科で処方する手順

問診

コンタクトレンズ使用の経験の有無、コンタクトの使用目的、過去の眼疾患の有無、薬物アレルギーの有無、希望のコンタクトレンズの種類など聴かれます。

細隙灯顕微鏡検査

細い光を角膜や水晶体、結膜にあてて顕微鏡で拡大して目の疾患を調べてコンタクトレンズを使用して大丈夫な眼かどうか診断します。角膜や結膜、水晶体や眼瞼なども調べるので細隙灯顕微鏡を使って調べるので前眼部検査ということもあります。

角膜曲率半径測定

オートケラトメータで角膜の曲率半径を測定します。

他覚屈折検査オートレフ使用

オートレフラクトメータで近視や遠視や乱視の度数を測定します。

自覚屈折検査(視力検査)

視力検査で近視や遠視や乱視の度数を測定します。

トライアルレンズ装着

角膜曲率半径測定と屈折検査の数値からトライアルレンズを決定し目に入れてみます。目に入れた後しばらく慣れるまで待ちます。

フィッテング

目の中のトライアルレンズの動きを細隙灯顕微鏡で検査してベースカーブやサイズ、動きを確認します。

トライアルレンズ装着した上から追加矯正

トライアルレンズの上から度数を上げたり下げたりして最適の度数を決定します。

コンタクトレンズ処方決定

これでコンタクトレンズの処方が決定します。ここの眼科で購入しない場合は処方箋を出してもらいましょう。
※眼科によっては眼科の指定のコンタクト販売店が決められていることがありますので、通販や他のお店で購入したい場合は処方箋だけだしてもらえるのか先に確認しておくことをおすすめします。

コンタクトレンズの装着の練習指導と取扱い説明

使い捨てコンタクトやハードコンタクトを目に入れたり目から外す練習をします。ソフトコンタクトである使い捨てコンタクトとハードコンタクトでは入れ方や外し方が違います。またケアの方法も違うのでしっかりマスターしておきましょう。
このサイトでもコンタクトレンズのはめはずしと取扱いについて説明しています。参考にしてください。
使い捨てコンタクトのつけ方・はずしと使い方
ハードコンタクトのつけ方・はずしと使い方

 

眼科検査の詳細

オートレフケラトメータ

角膜曲率半径測定

これは角膜のカーブを測定する検査です。通常はオートケラトメータ(オートレフケラトメータ)を使って検査します。これでコンタクトレンズをのせる角膜のカーブがわかります。単位は曲率半径や屈折力で測定されますがコンタクトレンズの […]
オートレフラクトメータ

屈折検査オートレフラクトメータ(他覚)

自覚的屈折検査 自動屈折計(オートレフラクトメータ) 他覚的視力検査とも言いますがオートレフラクトメータという機械で近視や乱視、遠視などの度数を測定します。他覚的というだけあって調節や目を細めなどの検査される人間の推測や […]
細隙灯顕微鏡スリットランプ

細隙灯顕微鏡(スリット)

細隙灯顕微鏡検査は一般にスリットと呼んでいます。細隙灯という細い光を角膜や中の水晶体や結膜などに当て大きな虫眼鏡で目の病気を調べるます。角膜や結膜や前房水、虹彩、瞳孔、水晶体などが検査できます。 これによってコンタクトレ […]
ノンノンタクト トノメータ

眼圧検査

非接触眼圧測定装置(ノンコンと呼んでいます)で眼圧を測定します。ノンコンは機械にあごをのせて機械のなかをのぞいていると急に角膜に強い風が当たります。この風をあてることによって眼圧を調べているのです。でも突然に目に強い風が […]
眼底検査

眼底検査

眼底検査は眼底鏡レチノスコープという機械で検査します。散瞳剤という瞳孔を大きく開く薬を点眼した後に検査します。眼底は目の大切な血管や神経が通っている場所で血管の走行を見ることで、高血圧、高脂血症、糖尿病の血管への影響、動 […]
角膜形状/屈折力解析装置

角膜形状解析

強度乱視や強度近視、円錐角膜など角膜の形状が屈折状況に大きな影響をおよぼしていると考えられる時には角膜形状解析検査を行います。通常のコンタクトレンズやメガネで矯正ができるのであればこの検査は行いません。 強度の乱視や乱視 […]

角膜内皮細胞撮影解析

通常のコンタクトレンズを処方するときにはこの検査はすることはありません。角膜内皮細胞を調べるのはコンタクトレンズを長い間長い時間使用していて角膜内皮細胞数が減少している可能性のある人にこの検査をします。 コンタクトレンズ […]

涙液検査

コンタクトレンズを使用するにあたって十分な涙液が角膜の表面を潤しているかどうかの検査です。通常の若い方の場合涙が十分に分泌され潤っていますので、この検査をしない眼科さんも多くあります。 ドライアイや乾燥を訴える方、コンタ […]
レッドグリーンテスト

レッドグリーン-自覚屈折検査

レッドグリーン検査 赤と緑の表示板の中に黒い十字や黒い丸があって、どちらがはっきりきれいに見えるか聞かれこれを繰り返すうちに度数が決まる検査です。一般にレッドグリーンテストと言っています。これは光の色収差を利用した検査で […]
乱視表

乱視検査-自覚屈折検査(視力検査)

乱視表による乱視検査 時計のような放射線状の黒い線を見せてのこの中でどの線が一番濃いか判断させます。この中で線に濃い薄いがない場合には乱視がないことになります。乱視がある場合には縦線や横線、あるいは斜めの線が濃く見えます […]

上記の検査はコンタクトレンズを処方するときにすべて行われるというものではありません。年齢や目の状態、矯正した視力がでるでないによって眼科の方で検査を行わないものもございます。詳細は検査をお受けになる眼科でご相談およびご確認ください。