コンタクト通販 LensBomber
HOME > 眼科でするコンタクトレンズの検査 > レッドグリーン-自覚屈折検査

レッドグリーン-自覚屈折検査

レッドグリーン検査

赤と緑の表示板の中に黒い十字や黒い丸があって、どちらがはっきりきれいに見えるか聞かれこれを繰り返すうちに度数が決まる検査です。一般にレッドグリーンテストと言っています。レッドグリーンテストこれは光の色収差を利用した検査で赤の中の十字や丸がはっきり見えればまだ近視状態なのでマイナスレンズ(凹レンズ)を加え、緑の中の十字や丸がはっきり見えた場合は過矯正なのでプラスレンズ(凸レンズ)を加えて赤と緑の中の十字や丸が同じようにはっきりになったところで終了します。赤の中がはっきり見えていても一段階マイナスレンズを加えると緑の中がはっきりする場合は一段戻して赤の中の十字や丸がはっきりした度数で決定します。緑がはっきりした状態だと過矯正で度数が強すぎて近視が進む可能性があるので弱い度数の方で決定します。