コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 眼科でするコンタクトレンズの検査 > 角膜内皮細胞撮影解析

角膜内皮細胞撮影解析

spcura-microscope
通常のコンタクトレンズを処方するときにはこの検査はすることはありません。角膜内皮細胞を調べるのはコンタクトレンズを長い間長い時間使用していて角膜内皮細胞数が減少している可能性のある人にこの検査をします。
コンタクトレンズを何年も長時間にわたって使用していると通常角膜内皮細胞数は1ミリ平方あたり、2500~3000個なのですが、減少して2000個より少なくなってしまうことがあります。
自覚症状がなくても角膜内皮細胞数が減少してしまうと角膜の病気になったり、内皮細胞数が少ないために眼科の手術か行えない目になってしまうこともあります。コンタクトレンズの長時間装用は目の健康のためにお控えください。夜は早めにコンタクトを外しメガネに切り替えましょう。