コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 眼科でするコンタクトレンズの検査 > 角膜形状解析

角膜形状解析

強度乱視や強度近視、円錐角膜など角膜の形状が屈折状況に大きな影響をおよぼしていると考えられる時には角膜形状解析検査を行います。通常のコンタクトレンズやメガネで矯正ができるのであればこの検査は行いません。角膜形状/屈折力解析装置

強度の乱視や乱視を含む強度の近視の場合、角膜の形状が極端に弱主経線と強主経線に差があったり、角膜の形状が歪んでいたり、角膜が突出していたりすることがあります。この角膜の形状を形状解析機で精密に把握することによりコンタクトレンズで矯正するための情報を得ます。