コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 眼科でするコンタクトレンズの検査 > 眼底検査

眼底検査

眼底検査は眼底鏡レチノスコープという機械で検査します。散瞳剤という瞳孔を大きく開く薬を点眼した後に検査します。眼底は目の大切な血管や神経が通っている場所で血管の走行を見ることで、高血圧、高脂血症、糖尿病の血管への影響、動脈硬化を知ることができます。コンタクトレンズを直接のせる角膜とはものを見るということ以外、構造や機能は違いますが大切な場所です。眼底検査
コンタクトレンズの処方には直接関与しないので眼底の検査をしない場合も多いようです。ただ、視力が出にくかったり緑内障,糖尿病性網膜症の患者さんや高血圧、高脂血症、糖尿病の患者さんの場合は検査が必要です。網膜の疾患の場合、失明に至る可能性が高いので眼底検査は必須です。