コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 眼科でするコンタクトレンズの検査 > 細隙灯顕微鏡(スリット)

細隙灯顕微鏡(スリット)

細隙灯顕微鏡検査は一般にスリットと呼んでいます。細隙灯という細い光を角膜や中の水晶体や結膜などに当て大きな虫眼鏡で目の病気を調べるます。角膜や結膜や前房水、虹彩、瞳孔、水晶体などが検査できます。

細隙灯顕微鏡スリットランプこれによってコンタクトレンズを使用しても大丈夫かどうか判断するのです。このとき角膜や結膜に疾患があればコンタクトレンズを使用できなかったり使用している人であれば使用を中止してもらうこともあります。
またコンタクトレンズ使用者の場合コンタクトを装用した状態でスリットを見ることによって、コンタクトレンズの動き、涙液の交換状況、レンズの汚れ具合、レンズを入れているときの涙液の乾燥状況(ドライスポット)がわかります。
コンタクトレンズの検査のうえでとって大切な検査の一つです。