コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 目とコンタクトレンズの知識

目とコンタクトレンズの知識

コンタクトレンズを通販で購入する人はどんどん増えていますね。通販で購入すれば処方箋もいらないことが多く価格も安くてとっても便利。眼科に行って待たされたり目の検査で疲れたり検査料がかかることもありません。でも通販で購入することはコンタクトレンズのデータや目のことは自己責任、自分でしっかり自分の目の管理ができてコンタクトレンズを正しく上手に使いこなせる前提があってのことです。

ここでは目の知識や近視や乱視のことやコンタクトレンズについて勉強してみましょう。

近視や遠視って知ってしまえばけっこう簡単なことだったて気づくはず。乱視もちょっとわかりにくいけど角膜の形が乱視の原因になっていることもわかるはずです。

眼の構造と名称とその役割

コンタクトレンズを使うにしたって目のことをよく知っておくことは大切です。コンタクトレンズをのせるのは角膜という透明で薄い膜のうえですし、この角膜は涙から酸素や栄養をもらっています。コンタクトをうまく使うためにも角膜や涙、結膜のことはよく知っておきたいですね。

近視と遠視とその矯正

コンタクトレンズを入れるのは何のため?そう、近視だったり遠視だったりしてよく見えなくて困っているからですよね。でも近視や遠視だとなぜよく見えないのだろう?ここでは近視や乱視の原因をよく理解しましょう。
そして近視や遠視を矯正するために、どうゆうレンズを入れれば矯正できるのが理解しましょうね。

乱視とその矯正

乱視ってものが二重に重なって見えるとか、お月様見たら3個も4個も見えるとか言いますね。乱視はなぜ物が重なって見えたりするのでしょう?
乱視の主な原因である角膜の強主経線と弱主経線から理解しましょう。
そして乱視を矯正するために、どうゆうレンズをどう目の前に配置すればいいか理解しましょう。
乱視用のコンタクトレンズを使うにしてもその原因や症状によって乱視用使い捨てコンタクトがよかったりハードコンタクトが向いていたりします。自分の乱視を正しく理解することでコンタクトの選択も違ってきますよ。

老視(老眼)とその矯正

老眼ともいう老視は一般に手元の近くが見ずらくなります。本を読んだり字を書くのがつらくなって、目から離して本を読んだりしていますよね。老視の原因である水晶体の調節を理解できれば老視も怖くない。
そして老視を矯正するためのレンズを理解しましょうね。