コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 目とコンタクトレンズの知識 > 乱視とその矯正

乱視とその矯正

乱視

乱視は眼の角膜の乱視と水晶体の乱視の合算で乱視の度数や方向が出てきます。
視力検査(屈折検査)をしたときに出てくる乱視のほとんどが角膜乱視ですが水晶体の乱視も少なからずあります。
全乱視=角膜乱視+水晶体乱視

角膜の乱視

角膜乱視には角膜の強主経線と弱主経線の差から生まれる正乱視と角膜の形状が凸凹のために発生する不正乱視があります。
不正乱視は円錐角膜などの目の病気や事故などにより発生するものです。

ここでは正乱視についてのみ説明いたします。

角膜乱視の強主経線と弱主経線

正乱視は強主経線と弱主経線の差から生まれ、強主経線の焦線と弱主経線の焦線の差が乱視の強さということになります。
焦線とは近視や遠視の時のように焦点といいたいのですが焦点とはすべての光が集まるひとつの点なので焦点なのです。正乱視の場合は二つの主経線の差で焦点ができないので
各主経線ごとに光が集まるポイントを焦線といいます。

弱主経線の平行入射光線は屈折力が弱いので後方に焦線ができます。
強主経線の平行入射光線は屈折力が強いので後方に焦線ができます。
この二つの焦線の差が乱視の強さということになります。

例として下図は弱主経線の光は網膜上に焦線を結んでいますが
強主経線は網膜の手前で焦線を結んでしまっています。乱視、強主経線の矯正

これを矯正するには、強主経線の光を凹レンズを使って光を拡散させ網膜上に焦線を移動させます。
ただ、近視の矯正につかう球面の凹レンズをつかうと弱主経線の焦線まで後方に下がってしまいます。
そこで強主経線の焦線のみを網膜に移動させるには円柱レンズを使用します。弱主経線の矯正は平面レンズ
強主経線の焦線を網膜上の弱主経線の焦線に合わせることによって焦点になります。これで乱視はなくなりますね。

乱視の矯正レンズの表記

乱視の矯正には円柱レンズを使います。
円柱レンズはシリンダーClynderといいますが、円柱レンズの度数はこの英語表記を略してcylもしくはcと書きます。
円柱レンズは方向があるのでアッキスといってaxisと書きます。短縮してAxと書いたりします。
例 cyl-2.75 Ax180

乱視用のコンタクトレンズ

正乱視の矯正にはメガネのほかハードコンタクト乱視用使い捨てコンタクトを使います。

乱視用使い捨てコンタクトによる乱視の矯正

使い捨てコンタクトもソフトコンタクトも使用できる期間が違うだけで同じソフトコンタクトです。乱視用の使い捨てコンタクトは乱視の度数であるcyl(C)と乱視の軸度であるAxis(Ax)が必要です。

ハードコンタクトによる乱視の矯正

ハードコンタクトは角膜の乱視が正乱視であろうと不正乱視であろうとハードレンズ自体が硬く球面であるために角膜にのせることによって、強主経線と弱主経線の差をなくすことができます。ハードコンタクトを目に入れるだけで角膜の乱視をなくすことができます。
ハードレンズ自体は硬い球面レンズですので乱視の度数であるcylや軸度であるAxisを選択する必要はありません。
乱視を完全に矯正するにはハードコンタクトは適しています。ただハードコンタクトで角膜乱視は完全に矯正できますが水晶体に乱視がある場合はこれが残余乱視として残ります。

ハードコンタクトで乱視が残るケース

ハードコンタクトを入れても乱視が残ることがあります。
これはハードコンタクトで角膜乱視は完全に矯正できたのですが、水晶体乱視が残ってでてしまう場合です。
上記の式 全乱視=角膜乱視+水晶体乱視で
角膜乱視は0にできたのですが
全乱視=0+水晶体乱視
全乱視=水晶体乱視
の式のとおり水晶体乱視が残ったケースです。
このように水晶体乱視が残る場合は使い捨てコンタクトのほうが乱視を矯正するのには向いているかもしれません。

不正乱視の矯正にはハードコンタクト

ハードコンタクトは角膜の形状がどんなであろうともハードコンタクト自体が硬く球面を保っているので角膜の強主経線と弱主経線の差が大きくてもレンズと角膜の間に涙液が入りレンズの表面には球面なのでほぼ乱視の矯正ができます。
角膜の形状が一定でない不正乱視や円錐角膜などでもハードコンタクトなら視力矯正が可能です。

これに対して乱視用の使い捨てコンタクトは不正乱視や円錐角膜では矯正ができません。正乱視で乱視の度数と軸度がわからなければなりません。