コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > 目とコンタクトレンズの知識 > 近視・遠視とその矯正

近視・遠視とその矯正

コンタクトレンズを使用する人はみんな目が悪いといいます。ただ、近視で悪いのか、遠視で悪いのか、乱視で悪いのか問われるとよくわからなくなります。近視や乱視について正しい知識を持って、自分の目の状態を正しく知ってコンタクトレンズを通販で購入したいものですね。

屈折異常

近視や遠視、そして乱視を屈折異常といいます。
人間の目はカメラと同じような構造になっていて、角膜である標準レンズから入った光は前房、水晶体、硝子体を通って網膜で焦点を結びます。この網膜がカメラに例えるとフィルムになります。屈折異常とは遠くのものを見たときに網膜に焦点が合わない状態をいいます。

正視

無限遠点からの光が網膜上に結像を結ぶ状態を正視といいます。しっかり視力がでている状態です。
正視

近視の屈折状態とその矯正

近視は無限遠点からの光が網膜より手前で結像する屈折状態をいいます。
近視とその矯正
軸性近視・・・眼軸が長すぎるためになる角膜や水晶体の屈折力が強すぎて、光を網膜の手前で焦点を結んでしまう
屈折性近視・・角膜や水晶体の屈折力が強すぎるために光を網膜の手前で焦点を結んでしまう
の2つのタイプがあります。

近視の矯正は凹レンズを使用します。凹レンズは入ってきた光を拡散する作用があるので上図のように無限遠点からの光を拡散して網膜上に焦点を合わせます。

遠視の屈折状態とその矯正

遠視は無限遠点からの光が網膜より後方で結像する屈折状態をいいます。
遠視とその矯正
軸性遠視・・・眼軸が短すぎるため光を網膜の後方で焦点を結んでしまう
屈折性遠視・・角膜や水晶体の屈折力が弱すぎるために光を網膜の手前で焦点を結んでしまう
の2つのタイプがあります。

遠視の矯正は凸レンズを使用します。凸レンズは入ってきた光を収束する作用があるので上図のように無限遠点からの光を収束して網膜上に焦点を合わせます。

近視・遠視レンズの表記

近視の矯正に使う凹レンズはマイナスの符号になります。球面のマイナスレンズであればS-2.50のように記載します。このときのSはSphereの頭文字を取った略です。
遠視の矯正に使う凸レンズはプラスの符号にないます。球面のプラスレンズであればs+2.50のように記載します。

近視のコンタクトレンズ

近視の矯正に使うコンタクトレンズは処方箋やパッケージにs-3.50とかsph-4.25のように記載されているはずです。ジョンソンエンドジョンソンのレンズはD-3.00のようにDを使っています。

遠視のコンタクトレンズ

遠視の矯正に使うコンタクトレンズは処方箋やパッケージにs+3.50とかsph+4.25のように記載されているはずです。ジョンソンエンドジョンソンのレンズはD+3.00のようにDを使っています。ただ遠視は近視にくらべ患者数が少なくコンタクトのメーカーや商品によっては遠視用のレンズを用意していないことも多いので注文する前に確認してください。度数の欄S(SphかDであることもあり)に+の表記があれば遠視用の度数があるということです。