コンタクト通販 LensBomber
コンタクトレンズ通販レンズボンバー HOME > コンタクトレンズ処方箋なし購入OKです

コンタクトレンズ処方箋なし購入OKです

処方箋なし購入のイラスト

コンタクトレンズの処方箋とは

薬の処方箋とコンタクトの処方箋の違い

通常、処方箋というと薬の処方箋を指しています。医療機関を受診して薬の処方箋を出してもらって薬を調剤薬局で受け取ります。
コンタクトレンズは「高度管理医療機器」には該当しているのですが、医薬品ではないので、法律上で言う処方箋というものは存在していません。
コンタクトの処方箋は、眼科で検査をしてコンタクトレンズを決定し「このデータでコンタクトレンズを渡してください。」という意味の指示書なのです。この指示書には
●患者氏名
●処方年月日
●処方レンズ名(メーカー名含む)
●処方データ(左右)
●処方箋の有効期限
●医療機関の情報(医院名、医師名(及び印)、所在地、電話番号)
などが記載されています。
この指示書は決まった書式があるわけではありません。書き方もそれぞれの眼科や医療機関で異なります。薬の処方箋のように保険者番号や記号を記載する欄はありません。そもそも健康保険でコンタクトレンズを購入できるわけではありませんからね。有効期限の期間なども薬の処方箋とは違い、法律で決められたものではなくそれぞれの眼科で任意に決めています。こういった意味合いからもこれは処方箋というよりも指示書と認識したほうが正しいと思います。

法律的に処方箋なしでOK

コンタクトレンズの購入に処方箋が必要という法律はありません。医療法にも薬事法にもそんなこと書いてありません。コンタクトレンズを処方箋なしで購入したからといって法律違反にはならないのです。

なぜ処方箋が必要といわれるの?

でもコンタクトレンズを購入しにコンタクト専門ショップに行くと、『となりの眼科で検査して処方箋を出してもらわないと販売できません。』と言われることもありますよね。これはショップやメーカーとしてコンタクトレンズを安全な状態で使ってもらいたい、ぴったりなコンタクトを提供したいという思いから出ています。

【参考】国会の答弁でこんな記載があります。
「コンタクトレンズについては、薬事法上、その販売時に購入者が処方箋の交付を受けていることは求められていないが、購入者が眼科医の診察、指示等を受けることは安全性の観点からいえば否定されるものではなく、販売業者が販売方針としてその旨を広告することについては問題ないと考えている。」

通販でも処方箋なしでOK

もちろんレンズボンバーの通販では処方箋なしで購入いただけます。ただ、ショップによってはお客様の目の健康のため処方箋や眼科名など医療機関名を記載することも求めるところもあります。通販でも処方箋の提示をお願いしているところもありますから、ホームページをよく読んでから注文しましょう。

定期的な目の検査は必要です。

通販では処方箋なしで購入OKだけど、目の健康状態やコンタクトレンズでの視力は的確に知っておきたいところです。定期的に眼科に行って視力は変わってないかどうか、目に傷やレンズの汚れがないか、アレルギーはないか、涙の状態は大丈夫かなど検査をしてもらいましょう。この時、視力検査をするときに自分の視力と度数を確認し、もし度数が弱くなっているようなら次に作るときはどのくらい度数を上げたらいいか相談しておくといいですね。

処方箋なしでも大切なこと

  • コンタクトの不十分な洗浄や消毒はレンズに汚れが蓄積して眼障害を起こすことがあります。しっかりケアしましょう。
  •  長時間装用は角膜の酸素不足で角膜上皮浮腫から角膜びらん、角膜剥離の原因になるから装用時間を守りましょう。
  •  交換時期を超えたコンタクトレンズの使用は汚れやキズのため角膜炎や結膜炎の原因になります。交換時期を守りましょう。
  •  破損や汚れたレンズや交換時期を過ぎたレンズは使わないようにしましょう。
  •  異常を感じたらただちに医療機関を受診しましょう。
  •  自覚症状がなくても定期的に眼科で検査を受けましょう