コンタクト通販 LensBomber
トップページ > FAQs > 処方箋について > 街中のコンタクトレンズ屋さんでは眼科で検査をしないと販売してくれないのですか?

街中のコンタクトレンズ屋さんでは眼科で検査をしないと販売してくれないのですか?

大手のコンタクトレンズ販売店はどこも隣の眼科とタイアップしてコンタクトレンズを販売しています。

眼科がすぐ隣にあればコンタクトレンズが全く初めての方や 以前のコンタクトが調子が悪かったり見えにくくなっている人には安心ですよね。

でもコンタクトレンズを以前から使用していて調子が良かったり、前回購入したコンタクトレンズと同じものがほしかった方には繰り返される眼科での検査は経済的にも時間的にも大きな負担になっていましたよね。

コンタクト販売店は隣の眼科にお客様を紹介することによってそのお客様が『コンタクトレンズに適性があるかどうか』調べたり『コンタクトレンズのデーター』を出してもらっています。眼科はコンタクト店から患者さんが来ることによって診療報酬が増えていきます。こういうコンタクトレンズ販売店と眼科の共生の関係で成り立っているところが多いのです。

なのでコンタクトレンズ販売店で眼科にお客様を紹介しないでそのまま販売してしまうと眼科の収入が少なくなります。そうすると眼科のご機嫌を損ねることになり、タイアップの関係が崩れることになってしまいます。

ただこんなことを長くやっていたので、健康保険証で検査をするのですから保険医療費も莫大なものになってしまいました。2,000年頃のコンタクトレンズの処方に関わる保険医療費だけで1年間に2000億円にもなったという話もあります。 あまりに異常な状態が続いたので今はコンタクトレンズの検査に関わる保険医療費はずいぶん削減されるようになりました。