コンタクト通販 LensBomber
HOME > ご利用方法 > 注文方法 > 遠近両用コンタクトの通販でのデータと注文方法

遠近両用コンタクトの通販でのデータと注文方法

遠近両用コンタクトのデータと注文方法

右目と左目のBC(ベースカーブ)とPWR(度数)とADD(加入度数)をプルダウンメニューよりお選びください。
通常選択項目はPWR(度数)とADD(加入度数)がほとんどです。

パッケージや処方箋からデーターを確認

今現在お使いの遠近両用使い捨てコンタクト(バイフォーカル)のパッケージか中のブリスターパックというプラスチックの容器を用意しましょう。もしくは眼科でいただいたコンタクトレンズの処方箋があればそれでも結構です。
パッケージをお持ちであればパッケージのどこかの面に下の画像のようにBC(ベースカーブ)、PWR(度数))、ADD(加入度数)、DIA(直径)やEXP(使用期限)Lot(ロットナンバー)が記載されていると思います。

BCベースカーブについて

遠近両用の使い捨てコンタクトはBC(ベースカーブ)はほとんどの商品が1つです。
1つのカーブで多くの人の目のカーブに合うように設計されているからです。なのでBCが1つのレンズがBCを選択する必要がありません。ボシュロムのメダリストマルチフォーカルのみがBC8.7とBC9.0の2つを用意しています。

PWR度数について

PWR(度数)は0.00~-9.00くらいまでの商品が多いようです。
遠視の人向きにプラス度数はほとんどの遠近両用使い捨てコンタクト(バイフォーカル)で+0.25~+5.00まであります。
なぜなら老眼は近視であろうと正視であろうと遠視であろうと必ず皆がなるものだからです。

ADD加入度数について

ADD(加入度数)は+1.00~+2.50くらいのものが多いですね。
これは老眼の進み具合や遠くを見ることが多いのか近くを見ることが多いのかによって違います。
加入度数を強くすれば近くが見やすくなりますが、遠くが見えにくくなったり見える範囲が狭くなったりします。
これは眼科やコンタクトレンズ専門店でしっかり検査して決めたほうがよさそうです

DIAについて

DIA(直径)やTC(中心厚)などのデーターがパッケージには記載されていることもありますが、こちらはコンタクトレンズ固有のデーターとして決まっているのでご注文時には入力いただく必要ありません。

遠近両用コンタクトのデータと注文方法

レンズごとの注文方法

(1) デイリーズアクアコンフォートプラスマルチフォーカルを注文するときに必要なデータはPWR(度数)とADD(加入度数)です。ADDはLow+1.25とMid+2.00とHigh+2.50の3つです。BCは8.7、DIAは14.0mmと初めから決まっていますので必要ありません。

  • (2) エアオプティクスアクア遠近両用を注文するときに必要なデータはPWR(度数)とADD(加入度数)です。ADDはLow+1.00とMid+2.00とHigh+2.50の3つです。BCは8.6、DIAは14.2mmと初めから決まっていますので必要ありません。
  • (3) メダリストマルチフォーカルを注文するときに必要なデータはBC(ベースカーブ)とPWR(度数)とADD(加入度数)です。BC(ベースカーブ)は8.7と9.0の2つです。ADDはLow+1.50とHigh+2.50の2つです。DIAは14.5mmと初めから決まっていますので必要ありません。
  • (4) メダリストプレミアマルチフォーカルを注文するときに必要なデータはPWR(度数)とADD(加入度数)です。ADDはLow+1.50とHigh+2.50の2つです。BCは8.6、DIAは14.0mmと初めから決まっていますので必要ありません。
  • (5) 2ウィークアキュビューバイフォーカルを注文するときに必要なデータはPWR(度数)とADD(加入度数)です。ADDは+1.00と+1.50と+2.00と+2.50の4つです。BCは850mm.、DIAは14.2mmと初めから決まっていますので必要ありません。