コンタクト通販 LensBomber
HOME > ご利用方法 > 注文方法 > ハードコンタクトの通販でのデータと注文方法

ハードコンタクトの通販でのデータと注文方法

ハードコンタクトのデータと注文方法

パッケージや処方箋からデーターを確認

ハードコンタクトを購入した時に眼科やコンタクト屋さんでもらったハードコンタクトのデータが記載された容器はお持ちでしょうか?もしくは眼科でいただいたコンタクトレンズの処方箋があればそれでも結構です。ハードの容器をお持ちであればパッケージのどこかの面に下の画像のようにBC(ベースカーブ)PWR(度数)DIA(直径)やEXP(使用期限)Lot(ロットナンバー)が記載されていると思います。

BCベースカーブについて

ハードコンタクトはBC(ベースカーブ)が細かく設定されています。通常のハードだとBC7.20~8.40くらいまでが多いようです。通常このベースカーブは0.05刻みになっています。たとえばBC7.70の次は7.75、その次が7.80とういう具合です。

PWR度数について

PWR(度数)は-0.50~-15.00くらいまでの商品が多いようです。度数の刻みは0.25ピッチで-5.00の次は-5.25、-5.50という具合です。

DIAについて

DIA(直径)は8.5~9.3mmくらいが多いようです。メーカーや商品によって標準となる大きさが違っています。シードのスーパーHiO2やシードのS-1は8.8mmが標準の大きさです。メニコンEXやHOYA EXやボシュロムEX-O2、アイミーサプリームも8.8mmが標準です。東レのブレスオーハードCLは9.0が標準です。同じ東レでも東レ ブレスオーハードⅡフィットは9.3mmが標準になります。TC(中心厚)などのデーターがパッケージには記載されていることもありますが、こちらはコンタクトレンズ固有のデーターとして決まっているのでご注文時には入力いただく必要ありません。

シードスーパーHiO2のデータと注文方法

シードスーパーHiO2のデータと注文方法

シードUV-1のデータと注文方法

 

シードS-1のデータと注文方法

 

シードスーパーオーEXのデータと注文方法

シード クララスーパーオーEXのデータと注文方法

東レ ブレスオーハードCLのデータと注文方法

東レ ブレスオーハードCLデータと注文方法

東レ ブレスオーハードⅡフィットCLのデータと注文方法

東レ ブレスオーハードⅡフィットのデータと注文方法

メニコンEXのデータと注文方法

メニコンEXのデータと注文方法

メニコンZのデータと注文方法

メニコンZのデータと注文方法

HOYAハードEXのデータと注文方法

HOYAハードEXのデータと注文方法