コンタクト通販 LensBomber
HOME > ご利用方法 > 注文方法 > 遠近両用ハードコンタクト通販でのデータと注文方法

遠近両用ハードコンタクト通販でのデータと注文方法

遠近両用ハードコンタクトのデータと注文方法

パッケージや処方箋からデーターを確認

遠近両用ハードコンタクトを購入した時に眼科やコンタクト屋さんでもらった遠近両用ハードのデータが記載された容器はお持ちでしょうか?もしくは眼科でいただいたコンタクトレンズの処方箋があればそれでも結構です。遠近両用ハードの容器をお持ちであればパッケージのどこかの面に下の画像のようにBC(ベースカーブ)、PWR(度数)、ADD(加入度数)、DIA(直径)やEXP(使用期限)Lot(ロットナンバー)が記載されていると思います。

BCベースカーブについて

遠近両用ハードコンタクトはBC(ベースカーブ)が細かく設定されています。通常のハードだとBC7.20~8.40くらいまでが多いようです。通常このベースカーブは0.05刻みになっています。たとえばBC7.70の次は7.75、その次が7.80とういう具合です。

PWR度数について

PWR(度数)は-0.50~-15.00くらいまでの商品が多いようです。度数の刻みは0.25ピッチで-5.00の次は-5.25、-5.50という具合です。

ADD加入度数について

ADD(加入度数)は+0.50~+4.50くらいまでの商品が多いようです。加入度数とは老視になって近くを見るために必要な近く用の加えた度数のことです。

DIAについて

DIA(直径)は8.8~9.3mmくらいが多いようです。メーカーや商品によって標準となる大きさが違っています。東レのプレリーナ2とプレリーナ2リッチは9.3が標準です。同じ東レでもプレリーナは9.5mmが標準になります。TC(中心厚)などのデーターがパッケージには記載されていることもありますが、こちらはコンタクトレンズ固有のデーターとして決まっているのでご注文時には入力いただく必要ありません。

東レ プレリーナⅡのデータと注文方法

東レプレリーナⅡのデータと注文方法

東レ プレリーナⅡリッチのデータと注文方法

東レプレリーナⅡリッチのデータと注文方法

東レ プレリーナのデータと注文方法

東レプレリーナのデータと注文方法

HOYAマルチビューEXアルファのデータと注文方法

HOYAマルチビューEXアルファのデータと注文方法

HOYAマルチビューEXライトのデータと注文方法

HOYAマルチビューEXライトのデータと注文方法

HOYAマルチビューEXスタンダードのデータと注文方法

HOYAマルチビューEXスタンダードのデータと注文方法

メニフォーカルZのデータと注文方法

メニフォーカルZのデータと注文方法